尾形研究室の紹介

工学院 情報通信系

尾形研究室では暗号理論の研究を行っています。

身近で使われている暗号技術

古来より暗号は通信の保護に用いられ、インターネットが発達した現代でも広く使われています。

その活躍は通信の保護に留まらず、

  • 当人であることの証明
  • 通信内容が正しいことの証明
  • プライバシー保護

など様々な方面に及びます。

誰もが安心してインターネットを利用できるように暗号技術は日々進化しています!

インターネットのイラスト

尾形研究室では次のような研究をしています。

データを守る暗号理論の研究

高機能な暗号方式

暗号化以外の機能などを持つ暗号方式

  • IDベース暗号
  • 完全準同型暗号

重要なデータの分散管理

データの分散管理による情報漏洩や消失への対処

  • 秘密分散

耐量子暗号

量子コンピュータ時代でも安全な暗号方式

  • 格子暗号
  • 多変数多項式暗号

暗号技術のアプリケーション

ブロックチェーン

アルゴリズムの改善や応用

  • 合意形成方式の提案
  • 送金履歴追跡への対処
  • 暗号通貨以外への応用

セキュアな委託計算

安全に使えるクラウドを暗号技術で実現

  • 検索可能暗号
  • アクセスパターンの秘匿

秘密計算

情報を秘匿したまま協力して行う計算

  • プライバシーを保護した機械学習